2016年、2017年のF1

F1が好きで、中学生から観ています。
と言っても、今は地上波放送がなくなり有料放送しかないため観ていませんが、ネットでフリー走行、予選、本戦の結果は全て確認しています。

小林可夢偉以降、日本人ドライバーがいないのでホント残念です。
ドライバーではなく、HONDAエンジンを応援するくらいです。

去年も今年も、メルセデスが強すぎます。
チャンピオンは、ロズベルグかハミルトンの2択という状況です。

こんなんだと、上位チームより中段チームの結果を見るほうが楽しくなっちゃいます。

そんなF1ですが、2017年はレギュレーションが大幅に変更されます。
新レギュレーションの目的は、1周につきマシンを3秒速くすることだそうです。

新レギュレーション

・ワイドタイヤの導入
・ウィング幅の拡大
・ディフューザーの大型化

アロンソが以下の発言fをしていました。
「以前は10周走ると、2時間のマッサージが必要だった。でも今は150周でも走れるし、それだけ走りきってもほとんど汗もかかない」

今のF1はベテランドライバーからすると、タイヤを労り、コーナーも攻められず、本気でアタックできないのでつまらないんでしょう。

そう考えると来年は、かなり楽しみです。
ベテランドライバーは、今までいろんなレギュレーションに対応してきましたが、新人ドライバーは現行の汗をかかないレギュレーションしか経験がありません。
3秒早くなる場合、汗もかくことになると思うのでベテランドライバーに有利に働く可能性が高いと考えています。

・バトン
・アロンソ
・マッサ
・ライコネン

この辺りのドライバーは経験が豊富です。体力面での不安もありますが期待ができます。

また、レギュレーションの変更があると、チームの強さもガラっと変わるケースが多いです。

HONDAも新レギュレーションに向けたエンジンの開発を進めているので、勢力図が変わる事に期待できます。

2017年に期待しつつ、今は2016年のF1を楽しみたいと思います。

リンク先にある価格、販売期間、在庫数は変動する可能性があります。リンク先のお店で再度ご確認ください。当サイトは価格や情報の保証はいたしません。
人気ブログランキングバナー
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク