ソフトバンク回線を使ったMVNOサービスがついに発表!だけど…

格安SIM(MVNO)の回線は、ほとんどがドコモの回線です。
auのMVNO回線もありますが、softbankだけは存在していませんでした。

SoftBankは「Y!mobile」という、少し安く利用できるサービスを持っているためMVNOはやりたくなのが本音だと思います。

ですが、今回SoftBank回線を使ったMVNOサービスが発表されました。

飛騨高山ケーブルネットワークという会社が、SoftBankの回線を使用したMVNOサービス「Hitスマホ」を8月22日から提供するようです。
同社の事は知りませんでしたが、調べた所、ケーブルテレビ、インターネット、電話サービスなどを提供している会社です。

同社の格安SIMサービスは、音声通話対応SIMのみの提供で、データ専用SIMは用意しないようです。

「Hitスマホ」の料金プラン

■料金(いずれも税別)

【基本料金】
月額1980円→3GB
月額2380円→5GB
月額3380円→10GB

【飛騨高山ケーブルネットワークの加入者】
月額1580円→3GB
月額1980円→5GB
月額2980円→10GB

※基本データ量上限を超過した場合、通信速度が最大200kbpsに低速化
追加データ(200円/100MB)を購入することで通常速度でデータ通信を利用可

・通話料金は20円/30秒
・SMS送信料は1通3円

■オプション

留守番電話プラス:月額300円
グループ通話:月額200円
割込通話:月額200円
ナンバーブロック:月額200円

■事務手数料

契約事務手数料は3,000円
12カ月未満に解約をすると1万円
MNP転出手数料3,000円
解約手数料2,000円

感想

自分としては、「ついにSoftBank回線の格安SIMが出た!」と思ったのですが、SoftBank回線のMVNOで期待していた事と大きく異る部分があります。

「ソフトバンクのスマートフォンで利用するには、SIMロックを解除する必要がある。」

です。

これは、SoftBankのSIMロックがかかっている機種では使えないってことになります。

SoftBankのMVNOで期待していたのは、SoftBankのスマホでも使える事を期待していました。
これでは、せっかくのSoftBank系のMVNO回線でも、結局SIMロックが解除されている端末でないと使用することができません。

そうなると、既存のMVNO業者の方がサービスにも料金的にも魅力的という結果になってしまいます。

個人的には、かなり残念です。

今後、他の会社でもSoftBank系のMVNO回線を利用したサービスが出てくると思いますが、
その場合何よりもSoftBankユーザが求めている事は、

「SoftBankのSIMロックがかかっているスマホでも、格安SIMが利用出来ること」

だと思います。

ただ、それは「Y!mobile」を持っているSoftBankとしては絶対に許容できない事なのかもしれません。

今後、良い展開になっていくと期待したいですが、現状ではあまり期待できなさそうです。

リンク先にある価格、販売期間、在庫数は変動する可能性があります。リンク先のお店で再度ご確認ください。当サイトは価格や情報の保証はいたしません。
人気ブログランキングバナー
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク