Windows 10 Anniversary Update配信開始!

Windows 10で2回目となる大型更新「Anniversary Update(アニバーサリーアップデート)」が8月2日(火)から提供が開始されました。

ただし、新しいPCを優先的に提供されるようなので、アップデートの告知が来ているユーザとそうでないユーザがいるようです。
「自動更新が来るまで待てない」人は、Windows Updateから手動で行えます。

自分のPCでもアップデートを手動で実行しましたが、ダウンロード→インストールで30分位かかりました。

UIで細かな部分がずいぶんと改善されているようですが、ヘビーに使っているユーザ以外は、「何が変わったの?」って感じだと思います。

ブラウザで言えば「Microsoft Edge」が拡張機能などが使えるようになり進化しているそうですが、Chromeをメインに追加っているのであまり恩恵がありません。

他にも
・ペンや手書き入力をサポートする機能
・Cortanaの強化
・Xbox Oneの強化

等が強化されてるみたいですが、残念ながら自分はどれも使っていない…

だからと言って、「アニバーサリーアップデート」をしない理由はありません。

見た目にはわからない、セキュリティの強化がなされているので、必ずしておいたほうがいいアップデートです。

個人的には、今後のアップデートで生体認証機能の“Windows Hello”機能をどんな内蔵カメラでも対応できるようにしてもらいたいです。
毎回パスワードを入力する事がなくなり顔認証でログインできるようになればかなり便利になるので。

どうしても、顔認証でログインしたいという人は、「keyLemon-キーレモン-」というソフトをインストールすれば、Windows10を導入したカメラ付きパソコンで顔認証でログインできるみたいです。
無料版と有料版(6,458円)があり、有料版だと認識レベルの設定や、写真を複数登録できたり、写真による認証の不正ログインを防ぐことができます。

ですが、Microsoftがオフィシャルな機能として提供してほしいなと。

リンク先にある価格、販売期間、在庫数は変動する可能性があります。リンク先のお店で再度ご確認ください。当サイトは価格や情報の保証はいたしません。
スポンサーリンク