セミが怖い

この時期になると、ミンミンと鳴るセミ君。

自分は大嫌いです。ほんとセミには、過去に何回もビビらされてるんです。

原付き乗ってる状態でセミ

まだ若かった高校生の時の話しです。

ヘルメットは半キャップを後頭部の方でかぶり、真夏の夕方に50ccの原チャリを爆走してた時です。

胸のあたりに何かが当たった感触がありました。その時は、なんかの虫が当たったんだろうと思い特に気にしていませんでした。

その後、赤信号で止まり、虫が当たった部分に何か汚れが付いてたりしたら嫌だなと思い、胸元を見たところ…

「ギャー」とは叫びませんでしたが、心の中ではマジで泣きそうでした。

まるでブローチのようにセミがTシャツの胸元にくっついていました。

もうね、とにかくTシャツをバタバタさせました。

セミがTシャツから離れてもらうためです。

何回かバタバタしたところ、セミは飛び立っていってくれました。

ホっとした後に信号も青になり、安心して原チャリを運転していたところ、さっきよりもっと怖ろしい事がおきました。

ほぼ、被っていないに等しい半キャップ。

運転中に、この半キャップからバタバタと音がしてるんです。

そうっす、

半キャップの中にさっきのセミがいたんです。

しかも、あたくし豪快に原チャリを運転中です。

もうね、セミが原因で事故るかと思いました。

慌てて原チャリを止めて、半キャップのベルトを外し、今度は半キャップをバタバタとさせてセミが飛び立つまで…

もう、ほんと大嫌いです。

洗濯物にセミ

洗濯物を干して、畳もうと部屋に洗濯物を取り込みました。

ハンガーごと取って、全部部屋に投げ込みました。

シャツをたたみ終わり、その後タオルを畳もうとしてハンガーからタオルを取った時です。

『バタバタバタッ』

はい、セミです。

もうね、すげービビりましたよ。

タオルにセミが付いていたんです。

他の人にも聞きたいんですが、そんなことって普通ある?

こーなると、部屋の中にセミがいるわけですよ。

移動するときはバタバタと音を立て、ジッとしてるかと思えばミンミンと鳴き出す。

どうにかしないと、寝ることもできない状態です。

かと言って、セミを触ることも都会っ子なんで無理です。

で、自分が考えた唯一の案が、コレです。。

 掃除機で吸えばいい!

掃除機の音でセミが逃げそうなんで、掃除機をかけたら一発で仕留めないとアチコチ飛び続けることになる。

必ず一発で仕留めないとダメだ。

この勝負は、今思い出しても最高にドキドキします。

もうね、セミを掃除機で吸えた後の事なんて、何も考えていませんでした。

とにかく、「掃除機で吸ってやる!」頭の中はこれだけでした。

セミは天井と窓の間の壁にくっついていました。

掃除機のスイッチをONにしたと同時に、吸込口をセミのいる壁に向けてやりました。

一瞬バタバタっとしましたが、無事吸込口に吸われていきました。

勝負は終わりましたが、掃除機をどうするか悩み、その結果1周間ほど放置しました。

とくにミンミン鳴いたりはせずに、お亡くなりになったっぽかったです。

と、このようにセミハプニングがあり、自分はセミが大嫌いです。

今年は、セミハプニングがないことを祈るのみです。

リンク先にある価格、販売期間、在庫数は変動する可能性があります。リンク先のお店で再度ご確認ください。当サイトは価格や情報の保証はいたしません。
人気ブログランキングバナー
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク